スポンサーリンク

【ワードプレス】バックアップの取り方 初心者におすすめのプラグイン導入方法

ワードプレスの設定関連
スポンサーリンク
ワードプレスを立ち上げてからバックアップはしっかりとってますか?

せっかく作りあげたワードプレスのデータが飛んだら大変。

・テーマの変更

・ドメインの変更

・テーマエディターの変更

など何かしらの作業をするときにはバックアップが必須。

ワードプレスを立ち上げたら早めにバックアップの設定を済ませましょう。

今回はおすすめのプラグイン【 BackWPup 】を使ったバックアップの取り方を初心者向けに図説でお伝えしていきます。



バックアップ用おすすめプラグイン【 BackWPup 】

まずはダッシュボードの【 プラグイン 】から【 新規追加 】を選択します。

次に右側の検索窓に【 BackWPup 】と入力して検索。


プラグインのインストール

そうすると先頭にでてくると思いますので【 今すぐインストール 】をクリックします。


プラグインの有効化

ダウンロードが完了すると【 有効化 】と表示が変わるので有効化します。

有効化が完了すればプラグインのインストールは完了です。

次はバックアップの設定をしていきましょう。


バックアップ内容を設定する

有効化が完了するとダッシュボードに【 BackWPup 】が追加されていますので、そこから【 新規ジョブを追加 】を選択します。

ここで自動バックアップの設定をしないと機能しないので注意。


ジョブ名の設定

ジョブの【 一般 】設定画面ではまず、【 このジョブの名前 】を決めてください。

このときジョブの名前は週1や月1のようにバックアップスケジュールを名前に入れておくとわかりやすいです。

下の赤い四角で囲んだ【 このジョブは… 】のところは初期設定でOK。


アーカイブの形式について

下の方にスクロールすると【 アーカイブの形式 】という項目があります。

ここで注意するのはファイルの形式。


Windows を利用している方は【 Zip 】


Mac を利用している方は【 Tar BZip2 】


を選択してください。

そして【 バックアップファイルの保存方法 】は【 フォルダーへバックアップ 】を選択します。


最後に【 変更の保存 】をクリックして完了です。


バックアップスケジュールの設定

次に【 スケジュール 】タブを選択して、バックアップの間隔を設定します。


実行時間をスケジュールを設定していきましょう。

【 スケジューラーの種類 】は「基本」

【 スケジューラー 】は任意で設定してください。


バックアップ中はサーバーに負担がかかります。

バックアップの回数やバックアップを取る時間はあなたのブログ状況に応じて設定しましょう。


設定が済んだら一番下の【 変更を保存 】をクリックして完了です。


バックアップファイルの圧縮設定

次に【 DBバックアップ】タブの設定です。

ここでは【 バックアップファイルの圧縮 】を「GZip」に変更しておくだけでOK。

その他は初期設定のまま【 変更を保存 】をクリックして完了です。


バックアップの詳細設定

次に【 ファイル 】のタグを選択します。

こちらも基本的にはそのままでOKです。


テーマのバックアップを除外

少し下にスクロールするとある【 テーマのバックアップ 】で、使っていないテーマはチェックを入れて除外しておきましょう。

チェックを入れたら最後に【 変更を保存 】して完了です。

これでバックアップの設定が全て完了しました!


最終確認

最後に設定ができているかの確認です。

ダッシュボードから【 BackWPup 】から【 ジョブ 】を選択して、【 次回の実行 】にスケジュールが表示されていればOK。

コメント

タイトルとURLをコピーしました